ギャツビー狂想曲

実は、私の博多座デビューは芳雄様の「モーツァルト!」再演。テニスのミュージカルに開眼した年、関東大会再演を見た後だったかな…「こんなにテニスのミュージカルにハマってたら生活が狂う。もっとちゃんと本気のミュージカルを見て、テニスのミュージカルへの情熱を減らそう」と思って、とりあえず博多座のチケットをとったのです。

 

今思うと、なんとあらゆる方面に対して不誠実な…おおう…

でもあの時は必死だった!テニスのミュージカルに一喜一憂どころか十狂十嘆を繰り返す日々に疲れ始めておったのだわ。うん。で、観に行って、芳雄様のヴォルフガングと「影から逃れて」という曲に心打ち砕かれて、博多座を出て中洲の橋を号泣しながら帰った。

 

あれからかなり「井上芳雄は恐ろしい」とひっそり思ってました。ふふ…。すごすぎて恐ろしい、という意味と、そのままの意味で芳雄様の姿が「今の醜い自分、社会の底辺をさまよう自分の姿をかえりみよ!」と突きつけられたような観劇体験と結びついてしまったので。

 

あれからもう10年以上が過ぎて、エリザベート博多座にもう一度馳せ参じたときも、やっぱり芳雄様は避けて、DVDももちろん白バージョンから。

 

しかし。やっぱり影からは逃れられない。ていうか、芳雄様の場合は光も影もどっちもだけど!!

 

舞台ギャツビー、本当に素晴らしかった…。どうしてもまだ観劇したりない。

そして博多座はですね。アンパンマンミュージアムが隣接していて、私の観劇中も家族は隣でしっかり楽しめる環境なのです。ありがとう!ありがとう!!やなせたかし先生ありがとう!!!

実家は博多座までバス1本で30分たらず。でも、観劇する日は泊まらないことにしました。博多座のすぐ近くにあるホテルを予約したのは…

実家の母が、私の観劇にめちゃくちゃ渋い反応だからです…。

芳雄様のギャツビーに昼公演夜公演とガッツリ世界に心吸い取られた後に、実家の噛み合わない空気は吸いたくない。ごめんなさい。母も私の浮かれた姿を見ないほうが気が楽なのは、そうだろうし…。家族もアンパンマンミュージアムで開園から閉園まで遊んだ後、人混みまみれて帰宅するの疲れるだろう。だろうだろう。

そんなわけで、観劇は見終わったあとも観劇の続き。予算範囲ギリギリのホテルをとって、今回は観劇後も博多座の近くで夢をみます。

そうだな〜〜〜

ほんと、ギャツビーは「夢」の世界。ドリーム小説読みて生まれの書き手を経て、今やっと、リアルな「夢」の世界にたどり着けた感じがする。

大阪公演がこれから、関西在住のN姉様ぜひ…ぜひぜひ…!!ぜひ、だまされたと思わずに、トート様以上のすごい人がいますので、ぜひ、ご観劇おすすめします。

 

先日、K嬢についてきてもらって買ったオペラグラスのおかげで、2階席がまったく怖く無くなったのも、今回マチソワ通し観劇が叶った大きな要因。1階席は、距離の近さは尊いものの、傾斜のゆるさが本当に恐怖で…。自分の前に座高の高い方や髪型が縦長の人が来てしまったらと思うと震える!震える!

博多座はどうだろう…。あ、日生劇場は1階が全部S席、2階はA席という区切りだったけれど博多座は2階席も前の方はS席。まじですか…。

 

 

広告を非表示にする

グレートギャツビびびびびびびびびりびりびり

観てきました。芳雄様のグレートギャツビー…。

エリザベートのDVDから、しかも発売から数ヶ月経ってから芳雄様のファンになったので「ミュージカルはエリザベートこそ至高」「芳雄様はトート様こそ至高」という感覚がスタート地点になってることには自覚あり。

だから初めてギャツビーの宣伝看板みたときは「え…めっちゃ素敵そうだけど、でもエリザベート超えは無いだろうから観ない…ごめんなさい…」と思ってた。

申し訳ございません〜〜〜〜〜申し訳ございません〜〜〜〜!!

芳雄様のギャツビーの狂いぶりと気高さが素晴らしすぎて、あんなに毎晩中毒だったエリザベートの映像も曲も今は見れない聴けない。

 

最終的には「新しい芳雄様の舞台をみたい」という動機づけで、きよのさんと一緒に観れる日のチケットをとり、さらに「1回じゃ足りないかもしれない」ともう1日は席にこだわってとり。

 

原作も読んでおらず映画も見ておらず、芳雄様の舞台が自分の初ギャツビー。

最初の観劇では、涙がずっと止まらず、適当に持参していたハンカチが全く水分吸い取らないため顔面が涙と鼻水で大崩壊し、観劇後の頭痛は泣きすぎによるものだと今日わかった。

このギャツビーは危険。ほんと危険…。

 

ギャツビーは登場の瞬間から、もうかっこいいの一言に尽きるんだけども。

舞台が進むにつれて、どんどん狂ってくよ…。デイジーとの絆が見つかったぞ!と喜び始めたあたりから、ギャツビーの狂気があふれ始めてて、もうこちらは見守ってる亡霊の気持ち。ほんとずっと亡霊の気持ち。

 

軍人時代の中尉帽子とか軍服とかもう、すごく素敵なのにそれより軍帽の下から見える目が狂気!!このころ狂気マックスなのでは?いや、狂気マックスからずっとそれ維持してるわけで…ぎゃーーつーーびーーーー…。

 

音楽、難しかった。最初はすごく難しく感じた。

でも今日2度目を見終えると、芳雄様が「壮大な」と言っていた意味がやっとわかるというか…ところどころに明るくて軽い音楽が入るんだけど、全体はずっとうっすら淀んでるような…。ギャツビーが愛を歌い上げるところだけは毎回力強く曇りなく晴れ渡ってるんだけど、それはギャツビーの狂気的な愛ゆえで尋常じゃない。芳雄様じゃなければ伝えられない愛の歌だわ。

 

なんというか、ほんと狂ってる狂ってると何度も言ってしまうけど全然狂ってないんです。もう何を言ってるんだか。ギャツビーはほんと、ひたすら希望に向かって突き進んでるんだけど、そのキラキラしたりギラギラする目が…

 

CDが秋に届くと。秋…あと何ヶ月待てばいいの…。

 

ああ〜テニスのときは、あんなにスラスラ思いつくまま書けた舞台の感想が、芳雄様の場合は全然無理。言葉が追いつかない。思ってることの100分の1くらいがやっとだわ。

これ以上ないくらい「ザ・主役!」なギャツビーだけども、それすら気にならないほど貫禄というかオーラが…ああもう何この陳腐な表現…

 

オペラグラスをときどき外して「おお、本物の舞台だ」と確認しないと、オペラグラスの素晴らしく鮮明な視界が完全にブルーレイ動画、芳雄様のギャツビーものすごいのです。

きよのさんがトート様の凄まじさを表現したあの名言「なんて顔するの!」の感覚に、やっと…やっと、ギャツビーで辿り着けた気がする。ほんと尊いね…ありがたい。オペラグラス覗き込みながら連呼してたよ!「なんて顔するの!」「なんて目をするの!」「なんて顔するの!」あわわわわわわ

 

ギャツビーは、ある意味リアル芳雄様のように素質にも容姿にも恵まれて、人間性だって気高く希望を信じ続ける強さまで持っていたのに、時代や生まれた環境が彼に意地悪すぎるですよ。もう。

あのプロポーズの花束を、デイジーが花束丸ごとは受け取らないのが象徴的というか辛かったわ…。全部受け取ろうよ…。

どんなに努力して人から称えられても、自分が一番受け入れてほしい時にそれが拒絶されて、それでも相手を憎まないで「よし、もっと努力しよう」的な発想が悲しすぎるでしょ!!!

 

ギャツビーの愛は、スネイプ先生と近しいものがあると思う。え、待って。境遇似てる…けど、でも似てるけど真逆でもあるわ。うう、複雑。

 

しかして。ギャツビーについてはもう、永遠に亡霊マインド(そんなんあるかな)になるしかないけれども、今夜の公演は悲しいことばっかりでもなかった!!

ギャツビーが無邪気に、おびただしい数の高級シャツを放り投げる場面。

1枚1枚が宙を舞う…と思ったらニックには弾丸サーブだったよねwwww

あの数秒、ブラック芳雄と子犬マリオが垣間見えてたまらなかったわ…。

そしてカーテンコールののち、幕が閉じるときもマリオくんに「あっち行けよ」的な芳雄様。かーーわーーーいい〜〜〜〜!

 

ああ、まだまだギャツビー観劇し足りない!大阪も福岡も見に行きたい!

 

広告を非表示にする

白い世界と黒い世界の始まり

昨日からエリザベートの白と黒の同時再生に凝ってます。

エリザベートDVDではなくて、普段はmp4動画に変換した方をノートパソコンで見てるのです。そうするとほら、2画面同時に開ける…!

今まで、家族がドラクエ10をパソコンとwiiを同時に一人で2台動かして、コントローラー2つを忙しく持ち替えながら戦ってるのを「…どんだけ好きやねん、ドラクエ」と思ってたのを謝る。ごめんね。2画面ってすごい楽しいよね。忙しいけど!

同時再生をすると、こう…比較するみたいでそれぞれの良さが殺し合いになってしまうのでは?実際にそう感じる人もいるかもしれないけれど、我輩の場合は…2倍でした。2倍かける2倍の4乗の倍くらい、倍…でありました。だって同時に2方向から拝見できるわけで、歌声もそれぞれの良さが今までと全然違う方向から浮き上がる感じ。不思議と気は散らないです。主役のエリザベートが同一人物で、トートへの反応が違っていてもエリザベートに一貫性があってブレないので、違う世界を見てるようで「これは同じ世界なんだ」とも感じられる…。

あ、でもタイミングを合わせるのに頻繁に一時停止したりの微調整をするので、「じっくりハプスブルグの世界に浸る…」というのとは全くできません。ほんとうに申し訳ございません小池先生。
しかしシングル再生(普通の再生です)のときは、世界の濃さに浸水(心酔って書こうとしたのにこちらの変換が出てきて間違ったと思ったけどある意味浸水で合ってる)してこう…光が当たってる部分しか見えない感じがあるんだけども、同時再生はかなり陰影が濃くなります。
どうして違ってそれぞれ素晴らしいのか…という答えが自分なりに見つかりやすくなる感じ。
いや答えとか見つからなくて全然いいんだけど、違いが際立つと「こっちの方がいい」じゃなくて「ああ、こんなに違って両方ともが素敵〜〜!」とさらに両方感動する。

でも誰にでもは同時再生はおすすめできない。ほんと歌のタイミングを合わせるのが…ほら…多分普通の人はストレスになると思うので…。我輩は逆にタイミング合わせながらピッタリ重なったときの歌声の重なりの勢いが(倍になるわけですから…)すごく好き。たまらない。

黒いトート様にがっつり心奪われてからは、白いトート様は私には少し物足りなくなりつつあったんだけども、この同時再生で気持ちが変わった。黒いトート様の主張が「エリザベートが自分への愛を認めること」が強くて白いトート様の主張は「一緒にあちらの世界へ行こう」が強い感じ。破滅の未来や死の世界をエリザベートに見せてやろうとするような仕草が何度となくあって気になる。
あと、悪夢の場面の白いトート様は、愛情大爆発だよね…。すごい愛してるオーラが全開!観劇したとき、我輩はこの悪夢のときの白いトート様の叫びに感動した…。白いトート様はラストシーンでエリザベートを手に入れた感じがする。歓喜とは全然違うんだけど、トート様に不思議な感情が漂ってる。

黒いトート様のラストシーンはね…もうこれについては、パセラ24時間借り切って部屋にこもってずっと語り続けたい。エリザベートが胸に飛び込んできたときも、トート様エリザベート触れてなく…ない?ずっとあれだけ自信満々にエリザベートを翻弄してエリザベート周囲の人たちを操ってきたのに、なぜ!?
なぜ今ここにきて!?やっとエリザベート来てくれたのに!なのになぜずっと現実受け入れきれないの!?しっかり!
幸せすぎると思考が止まる…とも違うようにも見える。最後のあの表情に、エリザベートが手に入ったようには見えないんだもの…。
黒いトート様の謎は深まるばかりすぎるよ。謎の沼の拡大スピード、すごすぎる。

白いフランツが、どこまでも真っ白でした。というか、黒いフランツ黒すぎる!!白いフランツと比べたらどこまでも無自覚に腹黒いよ黒フランツは!!白いフランツはエリザベートゾフィーの仕打ちに傷つくたびに狼狽えて葛藤していて「…ああ…」ってなる。エリザベートにも感情ぶつけられなかったんだろうなって…。黒いフランツ、プロポーズの場面でエリザベートにキスする直前の眼差しが怖い。トート様が化けてるかと思うくらい黒いフランツです、あの目は!!

あと、ルドルフが!意外にもルドルフが同一人物でも違いがあってすごく面白い…。白いトート様とは対等なんだけど、黒いトート様には慕ってるようなお兄ちゃんを見てる感じ。それにしてもルドルフ、こんな美しくマザコンな息子…罪深いわ…エリザベート…。

ルドルフの葬儀のとき、泣き崩れるエリザベートをフランツが抱きとめるんだけども。その二人を「そっとしておこう」的に振舞っているブリューネ伯爵が好き。
エリザベートのお付きの人リヒテンシュタインが、木手キャプテンの中の人にそっくりで親しみを勝手に感じる。

ゾフィについて書きたいのに、もう3時とか異常な時間。おっふ。

同時再生してわかったことは、もうまだまだ黒いトート様に溺れる沼の深さは尽きず、迷い込む迷宮も広大だということです。最高じゃねーの!!!

広告を非表示にする

二人のトート様

なつ姉様の「好みというものがありまして」に力強く!力強くお墨付きをもらった気がして興奮が止まらない…語りたいことが止まらない…。

 

いろんな感想ブログを渡り歩いてて、「黒いトート様は帝王、白いトート様は初恋」というような感想を多く見かけました。うんうん…ほんと…そんな感じする…。

私は対照的な二人の違いを一番感じるのは1幕の終わり。鏡の間で真っ白に光り輝き発光する美しいエリザベートが「私の命は私だけに捧げる!」と歌い上げた最後、白いトート様は…バッと顔を背けてしまうのです。エリザベートから顔を背けてしまう。なんかそれが、ものすごくトート様の少年性というか妖精的というか。エリザベートの完全な自我確立、生きる意志のピークを見るのがつらい…受け入れたくない…そんな感じ。

対して黒いトート様。じ〜〜〜〜〜〜〜っと最後まで見つめ続ける。しっかり胸を張って見据え続けてる。最後のダンスは俺のもの、はただの誘い文句じゃなく脅し文句でも宣言でもなく、もうわかりきったことなのだわ…。

 

そんなわけで、感情の揺らぎがある白い大きな少年トート様。見ればみるほど、聞けば聞くほど感情のにじみが濃くなる白いトート様。

どこまでも深く暗い永遠の闇のような黒いトート様。何度見ても新しい発見があり、聞けば聞くほど謎が増えてどこまでも真意のつかめない黒いトート様。

 

私は黒いトート様が好きです。ばうううううううばう!!!!

 

広告を非表示にする

やっと樺地の気持ちがわかった

エリザベートDVD、白と黒と両方見て初めて「おお」と感じるものが確かにあると思う…。きよのさんとはすぐに何度も(いつも何度でも)(神隠しだよ…パセラは神隠しの地だよもう…)トート会を開催できたので、お互いに「ここが!」というトート様(というか芳雄様)の素晴らしさや花總エリザベート様の凄まじい美しさを絶叫しあってなんとか気持ちを落ち着ける月日…。

やはり氷帝の先輩お二人に、もうすぐにでも見ていただきたい黒バージョン。

ということで、きよのさんへお願いして、ミナさんとなつ姉様にDVD渡していただいて、さらに見ていただいて。

 

ありがとうございます!みんな、皆様、ありがとうございました!!!!!!!

エリザベートの感想は、とにかく誰のでもいいから感想読みたい…というのではなくて、やっぱりほんと贅沢だけれども、氷帝の先輩たちの感想だからこそ、どうしても読みたくありんす。

 

ぎゃーーーー!もうもう!嬉しい!!!芳雄様のトート様の…もうどこからどこまででも語り合えるかと思うと興奮で!胸が!が!!ばううううううう…ばう!

 

 

広告を非表示にする

全ての言葉はさようなら

エリザベートが昇天したとき、トート様の黄泉の帝王としての存在も終わりを迎えたのでは…。

そうあってほしいです。

 

芳雄様が何かのインタビューで「トートはエリザベートに救われたかったのかもしれない」みたいなことをおっしゃっていて、もうその言葉は胸に、ほら、あれ…ロンギヌスの槍グサリ!くらいの衝撃。

エリザベートの命を今度こそ奪う(というか、命を召し上げる…?)ことで、トート様自身もながい不死(おそらく)の存在が崩れて消えることができたとしたら。いいなあ。

 

目を閉じたエリザベートの隣に立ち尽くしたときの芳雄トート様の、あの顔を見てしまったゆえに、なんとかエリザベートトート様の昇天に救いを求めるのである。

 

アガペー!あの二人の間にアガペーあれ!

広告を非表示にする

ファンクラブ入る

先日K嬢から、「グレートギャツビーのチケット代だよ」とすんごく可愛いお年玉袋に入れてお金をいただいて…。あまりに可愛いので開けるのも勿体なく、お財布の中でお守りのようにチケットと一緒にしまってました。

ずっととっておきたかったけれど…もう使い道はこれしかない。これなら許してもらえるはず!芳雄様のファンクラブ入会の時に開封しました。ありがとう!ありがとう!!

開いたら、氷帝のスーパー素敵な便箋にメッセージが書いてあって…

ゆうちょのATM前で思わず涙ぐむ。K嬢、ほんとうにありがとう…。いつもいつも、チケットを氷帝公式封筒としか思えない、氷の世界そのままな封筒に入れてくれてる。ありがとう。チケットもお金もいつも丸裸で渡してしまう自分の粗雑さを戒めました。

生まれ変わるわ!わたし!

ファンクラブに入ろうと思ったのはですね。

誕生日の月に、バースデー写真が直筆サイン入りで…送られてくるらしい…と。

そんなの!そんなの!欲しい…!

高校生のときにGLAYのファンクラブ以来。GLAYのときは会員番号が10万とか15万とかそれくらいだった気がする。更新はしなかったので、それっきり。妹はジェジュンのファンクラブにもう3年か4年くらい更新して頑張ってる。我が妹は絵に描いたようなリア充、そして鋼のメンタルの持ち主なので全く違う世界の住人です。でも、kinkiの光一君が大好きでずっとファンクラブに入っていて、ジェジュンもかなり本気でのめりこんで韓国留学するしないで家族と大喧嘩したり、意外とオタクの狂気に近しいものを持っている(と勝手に睨んでいる)。

 

芳雄様の今後の活躍および活動もアグレッシブに見守り、応援し、そして楽しもうという決意です。自分のためですよ…。

 

来年の芳雄様の舞台「黒蜥蜴」。どうですか?あらすじを読んだらもう…萌え転がりたくなりますぞ…。チケット申し込みますぞ。貯金しますぞ。来年、もしくは再来年はエリザベートもあるはず。芳雄様は…出ます、よな?トート様!今からエリザベートに花總様がいらっしゃってくださるかものすごく心配。

 

 

広告を非表示にする