トート様が踊るとき

初めて「エリザベート」を見たのは帝劇ではなく、というか日本の舞台ですらなく韓国の舞台稽古バージョンでした。歌は「わたしが踊るとき」

東方神起ジュンスが大好き期真っ盛りで、youtubeを放浪していたときにたまたま見つけたのが、この動画。

どう?どうでしょうか…?

 

 

 

シロたんのトート様を知った以降、すっかり舞い上がってこの動画を大好きだったことを忘れたわ。そして芳雄トート様を知っていろいろ脳からも心からも弾け飛びまくって失念しとった!

今改めて見ても、帝劇と全く違う演出だけど(当たり前…)これもこれですごく良い…。トートダンサーも、より「黒天使」なのだとわかりやすい。

ジュンスも実は、芳雄様と同じく「モーツァルト!」主演後に「エリザベート」でトート様として出演してる。おお。意外な共通点!いやでも似てるようで全然違うけれどね。そして芳雄様も確かジュンストート様を観劇しに韓国へ行ったらしい。確か…。

舞台稽古ではこんなシンプルで素敵なトート様の黒い衣装が、確か本番ではなんかもっとすごいデーモン閣下的な方向に進化していて気後れしたのである。

エリザベートも強い。

うーん。いやトートダンサーの感じがすごく好きだわ…。トート様に付き従ってる黒い天使たち!という動きが良い。

 

どうしてもエリザベート2016年版のライブ音源が欲しい。そしてDVDも本番パセラで鑑賞会用、お気に入りシーンを何十回も見まくる用、予備、もっと予備、と4枚は必要。なので音声抽出や動画コピーのソフトの正式版を買うことにしました。

こういうことは、ちゃんと正式版買わないと!気持ちの問題だから!

音声抽出だけならフリーソフトでも一応可能ではあるけれど、5分っていう制限があるし、ましてや動いてお歌いになる芳雄様の映像を5分で区切るとか地獄絵図です。

ひさびさにパソコン作業が楽しくなります…。

 

 

広告を非表示にする