グレートギャツビびびびびびびびびりびりびり

観てきました。芳雄様のグレートギャツビー…。

エリザベートのDVDから、しかも発売から数ヶ月経ってから芳雄様のファンになったので「ミュージカルはエリザベートこそ至高」「芳雄様はトート様こそ至高」という感覚がスタート地点になってることには自覚あり。

だから初めてギャツビーの宣伝看板みたときは「え…めっちゃ素敵そうだけど、でもエリザベート超えは無いだろうから観ない…ごめんなさい…」と思ってた。

申し訳ございません〜〜〜〜〜申し訳ございません〜〜〜〜!!

芳雄様のギャツビーの狂いぶりと気高さが素晴らしすぎて、あんなに毎晩中毒だったエリザベートの映像も曲も今は見れない聴けない。

 

最終的には「新しい芳雄様の舞台をみたい」という動機づけで、きよのさんと一緒に観れる日のチケットをとり、さらに「1回じゃ足りないかもしれない」ともう1日は席にこだわってとり。

 

原作も読んでおらず映画も見ておらず、芳雄様の舞台が自分の初ギャツビー。

最初の観劇では、涙がずっと止まらず、適当に持参していたハンカチが全く水分吸い取らないため顔面が涙と鼻水で大崩壊し、観劇後の頭痛は泣きすぎによるものだと今日わかった。

このギャツビーは危険。ほんと危険…。

 

ギャツビーは登場の瞬間から、もうかっこいいの一言に尽きるんだけども。

舞台が進むにつれて、どんどん狂ってくよ…。デイジーとの絆が見つかったぞ!と喜び始めたあたりから、ギャツビーの狂気があふれ始めてて、もうこちらは見守ってる亡霊の気持ち。ほんとずっと亡霊の気持ち。

 

軍人時代の中尉帽子とか軍服とかもう、すごく素敵なのにそれより軍帽の下から見える目が狂気!!このころ狂気マックスなのでは?いや、狂気マックスからずっとそれ維持してるわけで…ぎゃーーつーーびーーーー…。

 

音楽、難しかった。最初はすごく難しく感じた。

でも今日2度目を見終えると、芳雄様が「壮大な」と言っていた意味がやっとわかるというか…ところどころに明るくて軽い音楽が入るんだけど、全体はずっとうっすら淀んでるような…。ギャツビーが愛を歌い上げるところだけは毎回力強く曇りなく晴れ渡ってるんだけど、それはギャツビーの狂気的な愛ゆえで尋常じゃない。芳雄様じゃなければ伝えられない愛の歌だわ。

 

なんというか、ほんと狂ってる狂ってると何度も言ってしまうけど全然狂ってないんです。もう何を言ってるんだか。ギャツビーはほんと、ひたすら希望に向かって突き進んでるんだけど、そのキラキラしたりギラギラする目が…

 

CDが秋に届くと。秋…あと何ヶ月待てばいいの…。

 

ああ〜テニスのときは、あんなにスラスラ思いつくまま書けた舞台の感想が、芳雄様の場合は全然無理。言葉が追いつかない。思ってることの100分の1くらいがやっとだわ。

これ以上ないくらい「ザ・主役!」なギャツビーだけども、それすら気にならないほど貫禄というかオーラが…ああもう何この陳腐な表現…

 

オペラグラスをときどき外して「おお、本物の舞台だ」と確認しないと、オペラグラスの素晴らしく鮮明な視界が完全にブルーレイ動画、芳雄様のギャツビーものすごいのです。

きよのさんがトート様の凄まじさを表現したあの名言「なんて顔するの!」の感覚に、やっと…やっと、ギャツビーで辿り着けた気がする。ほんと尊いね…ありがたい。オペラグラス覗き込みながら連呼してたよ!「なんて顔するの!」「なんて目をするの!」「なんて顔するの!」あわわわわわわ

 

ギャツビーは、ある意味リアル芳雄様のように素質にも容姿にも恵まれて、人間性だって気高く希望を信じ続ける強さまで持っていたのに、時代や生まれた環境が彼に意地悪すぎるですよ。もう。

あのプロポーズの花束を、デイジーが花束丸ごとは受け取らないのが象徴的というか辛かったわ…。全部受け取ろうよ…。

どんなに努力して人から称えられても、自分が一番受け入れてほしい時にそれが拒絶されて、それでも相手を憎まないで「よし、もっと努力しよう」的な発想が悲しすぎるでしょ!!!

 

ギャツビーの愛は、スネイプ先生と近しいものがあると思う。え、待って。境遇似てる…けど、でも似てるけど真逆でもあるわ。うう、複雑。

 

しかして。ギャツビーについてはもう、永遠に亡霊マインド(そんなんあるかな)になるしかないけれども、今夜の公演は悲しいことばっかりでもなかった!!

ギャツビーが無邪気に、おびただしい数の高級シャツを放り投げる場面。

1枚1枚が宙を舞う…と思ったらニックには弾丸サーブだったよねwwww

あの数秒、ブラック芳雄と子犬マリオが垣間見えてたまらなかったわ…。

そしてカーテンコールののち、幕が閉じるときもマリオくんに「あっち行けよ」的な芳雄様。かーーわーーーいい〜〜〜〜!

 

ああ、まだまだギャツビー観劇し足りない!大阪も福岡も見に行きたい!

 

広告を非表示にする