沼の底に到着

エリザベートDVD観劇に目覚めること2年。体感的には10年くらい観てきた気がするけど、実は2年って改めて書いてみると短すぎてびっくりする!

東宝2015年版(黒、白)、宝塚雪組版、宝塚花組2005年版とDVD観劇を経て、ついにたどり着きました。宝塚月組2009年、瀬奈じゅんトート様です。

エリザベート観劇…というかトート様に溺れる沼、私にとってはここが底です。

 

もう何もかもが魅力深いんですわ。

存在感、振る舞い、歌、声、眼差し、ダンス、メイク、衣装、髪、エトセトラエトセトラララ!!どの要素ひとつとっても素晴らしい。女性のように美しくて男性のように力強いトート様。悪魔のように優しくて、天使のように幻想的なトート様。ううっ…素晴らしすぎて苦しい…ありがたい…。

 

瀬奈じゅんトート様の舞台映像は、通常のDVD版だと2009年6月収録なんだけども、なぜか楽天TVのオンデマンドだと9月の東京千秋楽公演が観れるのです。いちファン、宝塚ファンの方からしたら私なんぞ100年分くらい出遅れたファンなんですが、とにかく瀬奈じゅんトート様のファンとして、序盤の公演だけでなく、千秋楽公演もフルで観れるって…嬉しすぎる。ありがたい。

 

千秋楽公演のオンデマンドについて。

残念なところ…編集。カメラのカットが小気味良くない。音の調節にムラがある。

最高なところ…いっぱいある!!

1)トート様がより一層素敵。凄まじいほど素敵。

2)遼河はるひさんが革命派貴族3人衆のうちの一人(エルマーかな…?)をなさっていて、貴族の立ち振る舞いや装いがいちいち素敵。すっごく素敵。

3)通常盤では見れない(見れたとしても意識できないくらい一瞬)舞台の端の様子も見える。トート様以外の人物もできるだけ多く映像に収めようとしてるのかな?

 

オンデマンドってことで円盤販売は今後もなさそうだから、もうひたすら、楽天TVで配信し続けてくれることを祈るのみ。